再婚前に子供の戸籍も私の戸籍も動かした話。

こんにちは、潰瘍性大腸炎かあちゃんです。
先日までバタバタとしていたのですが、子供の戸籍を私の戸籍の下に無事入れることができまして、ようやく再入籍の準備が整いました。

…と書かれても「一体何のことやら?」という方のために、今回私が行った手続きの詳細を書いていこうと思います。

離婚時に戸籍を父親のところに置いてきた

一般的に夫婦は結婚すると戸籍が一緒になり、離婚すると戸籍を分ける必要があります。戸籍は家族が入る箱だと思ってください。

私は元夫との離婚に向けての協議の際、子供の【戸籍】を元夫のもとにそのまま残すことで合意しました。
というのもこの時点では私は再婚する気がさらさらなく、「自分になにかあったときにスムーズにできるように」と、私だけ新しい戸籍を作ることにしたのです。

結婚している間の戸籍は

  1. 元夫 – 私
    • 子供

という感じになっていましたが、離婚後は

  1. 元夫
    • 子供

と、おなじ「くわっち」姓の戸籍が分割されてふたつになったことになります。

くわっちは離婚後名字の変更を行いませんでした。旧姓に戻す必要性がまったくなかったし、元夫もそのまま同じ姓を名乗ることに反対しませんでした。

で、今回行った手続きは、「元夫のところにある子供の戸籍を、母親である私の戸籍の下に置くための手続き」。これを「子供の氏の変更許可の申立て」と言うようです。

 子が,父又は母と氏を異にする場合には,その子は,家庭裁判所の許可を得て,父又は母の氏を称することができます。

 例えば,父母が離婚し,父の戸籍にあって父の氏を称している子が,母の戸籍に移り母の氏を称したいときには,この申立てをして,家庭裁判所の許可を得る必要があります。

 なお,父母が婚姻中の場合には家庭裁判所の許可は必要ありません。

子の氏の変更許可 | 裁判所

子供が「くわっち(父の戸籍)」から「くわっち(母の戸籍)」に移動するためには、裁判所での手続きが必要になるのです。

戸籍は住んでいる状況や扶養の状態、親権に関わらず「どこにあるか」で手続きが変わるので、親権を持っていて戸籍が同じでないくわっちは戸籍を変えるための手続きが必要でした。

手続きに必要な書類を揃える

裁判所での手続きと言っても郵送でできるものなので、裁判所のホームページにあった必要なものをちゃかちゃかっと揃えました。

  • 子の氏の変更申立て書
  • 子供の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 父親・母親の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 連絡用の郵便切手
  • 収入印紙800円

全部事項証明書には、子供の出生日や出産届を出した日、離婚した日なども書かれています。
収入印紙と郵便切手は郵便局で買ってきました。

子供父親の戸籍は同じ場所にあったので、元夫に連絡して市役所に取りに行ってもらい、郵送。(手続きにかかった代金は養育費から差し引いてもらいました)
私の戸籍は当時住んでいた三重県に置いていたので、市役所でサクッと入手。

で郵送で手続きして、裁判所から「子の氏の変更手続きができますよ」的なお手紙「審判書謄本」が届きます。

審判書謄本が届いたら、入籍届を書く。

なんか番号だの説明だの書いてるけど、その「裁判所からの手紙(審判書謄本)」と「子供の戸籍謄本(全部事項証明書)」を持って、住んでいる札幌市の市役所に「入籍届」を出しに行きました。

子供の戸籍がある土地ではなく住所がある土地で手続きするときは戸籍謄本が必要なので、2枚もらっておくと便利。

で、このとき私は同時に自分の戸籍を三重から札幌に移したかったので、私の戸籍謄本と転籍届を持って窓口に行って、

「子供の戸籍を私の戸籍に入れる手続きと、私の戸籍を札幌に持ってくる手続き、同時にできますか?」

と聞いたところ、おっけーできるよ!とのことだったので、同日やってもらうことに。

順番的には、転籍届→入籍届 の順番で処理されるそうです。

というわけでこれで

  1. 元夫
    • 子供

という戸籍の配置になったので、なんとか再婚からの一般養子縁組手続きができそう。

戸籍を置いてきたときは再婚するなんて思ってもなかったけれど、なんとかなるもんですねぇ。



ここまで読んでいただきありがとうございました!
よかったらぽちっとお願いします(●´ω`●)
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました