メニュー 閉じる

退職して9ヶ月が経ちました。

こんにちは、潰瘍性大腸炎かあちゃんです。

退職してから9ヶ月が経ちました。
この頃の話は、リアルタイムにブログに残しています。( 会社を休職しました会社を退職しました )

2016年10月 入社。
2017年6月 退社。

約9ヶ月、しんどかった。

実はあまりブログに書いてはいないのですが、時々ぶわっとこの頃のことを思い出すことがあります。
今ではずいぶんと減りましたが、2017年初めから9月くらい(入院して退院して数ヶ月)までほんとしんどかった。
勤務中に思い出してふわふわとめまいがすることもありました。

「病気持ちで子持ちが正社員で働けるはずがない」
「子供がまだ小さいのにかわいそう」
「難病だから仕事ができない」

全て、先輩に当たる方から言われた言葉です。
念のため書いておきますが、私が働いていた職場は地域で評判のよい病院でした。

あまりに酷い暴言やら扱いやらを報告したあと、上司が涙目になったとき「確かに人が集まらんだろうな」と思ったのを覚えています。

上司は、看護業務以外にも多数の仕事を抱えている2児のお母さんでした。
夜勤もする、会議もする、総括もする。

上司のしんどさは間近で見ていたからこそ上司を責められなかったし、だけれど早くに報告していても何もならなかったんだろうなと思う。

その他にも、産休に入って出産間近になっても残務処理を終わらせに来るリーダー、誰かが妊娠したとヒソヒソ囁く職員、圧倒的に足らない人員。

どのみち辞めることになっていたんだろうなと、今となっては思います。

9ヶ月経った今。

自分が通っている病院は職員数も多く細やかな気配りがあり、患者ひとりひとりの声をしっかり聞いてくれる病院です。
今の通院先で働けたら幸せだろうなと思いながら、せっせこ病院に通っています。

今仕事をもらっている取引先の方々は、非常に心温かな方たちばかりです。
ユーザーのためにはどんなことをしたらいいんだろう?どういう仕組みがあれば便利なんだろう?
それを社員目線だけでなくユーザー目線でも考え、しっかりと行動していることをよく知っています。

もう少し元気になったら仕事を探したいけれど、今はまだもう少しゆっくりと。
旦那が転職して転勤なしor転勤少なめの仕事になれば外で働くことも考えますが、インターネット環境とパソコンがあればできる仕事をもらえていることに感謝。

でもしんどかった正社員でも、この言葉だけはしっかり覚えています。

「あのサイトでコラム書いているのはあなただったんだね!実は私そのサイトをよく見てるから、ライターさんの名前とあなたの名前を比べて、しかも前職はコラムライターだって言っててもしかして…って思ってたんだ。お世話になってます!ありがとう!」

当時、一緒に働いていた同年代のママさん。

私が今取引させてもらっているサイトをよく見ていたようで、なんと私のハンドルネームも知っておられました。
そして、そのサイトでどんなことに助けてもらったか、どんなことが嬉しかったのかをたくさん話してくれました。

退職したことと一緒にそのママさんの話を編集部に送って、再び一緒に仕事をしないかと提案されて、今の私がいます。

あのママさん、元気にしてるかなぁ。

切れる縁もあれば繋がる縁もあるもんだなと教えてもらった人生のよい経験になりました。
身体はしんどかったけどね!

まあそんなこんなで、新年度です。

潰瘍性大腸炎患者9年目、がんばるぞ!


ここまで読んでいただきありがとうございました!
よかったらぽちっとお願いします(●´ω`●)

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

よかったらシェアして拡散してくださいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA