息子1歳と、潰瘍性大腸炎13歳。

[Ad]

こんにちは、難病系フリーランスオカンのくわっちです。

息子が産まれて1年経ちました。…早くない?

もう1年?あっという間だったんだけど。

気付けばこんなに大きくなりました。75cm10kg。重たいね。写真は一生懸命ボタンを留めようとしているところです。

1ヶ月半からほぼ毎日ムスメの保育園の送り迎えに連れて行かれ、親にも姉にももみくちゃにされ、やっと雪が解けたかと思えば保育園にぶち込まれて新しい春を迎えたわけですが、保育士さんを「ごはんくれるひと」と認識したようで親が居ないところではニッコニコらしいです。かわいいな…(親バカ)

そして、今日はもうひとつ。

私が2009年4月16日に潰瘍性大腸炎と確定診断されて13年になります。あ、今回はちゃんと計算するサイト使って何年経ったか割り出したので計算あってるはず。引き算苦手だから計算ガバガバなのよね。

いま28で、診断前に自覚症状があった2年間を含めると人生の半分をIBDとともに過ごしていることになります。

未だにあの日のことはすごく印象に残っていて、やっぱりお腹痛いのは病気だったんだ、仮病とかじゃなかったんだ、この痛みしんどさが認められてよかった、という安堵と、これからどうなってしまうんだろうという不安と、高校に行きたくない、中学校が恋しいというホームシックで情緒が大変なことになってました。

それから時は流れて今は2児の母になっていて、学生のころに諦めた結婚も妊娠も仕事も趣味も、それをひとつひとつ叶えているなんて誰が想像してただろうね。

実家を出て血縁と離れたこと、結婚して出産して離婚したこと、再婚したことも。今の私にとってはいい思い出もよくない思い出もたくさんあるけれど、どれかが欠けていたら今の自分はいなかったし、息子も産まれていないわけだし。

奇しくも潰瘍性大腸炎を発症してから今までの間にいろんなもののスマート化・リモート化が進んで、仕事の選択肢も広がり、遠方からイベントやコンサートに参加できる機会もたくさん広がって、いやぁ引きこもりが捗りますね。

大丈夫。ちょっとずつ未来はよくなっていくよ。

そのためにもこれからもがんばりまーす。

14年目のくわっちもよろしくお願いいたします!



ここまで読んでいただきありがとうございました!
面白い・参考になると思ったら↓のリンクをぽちっとお願いします(●´ω`●)
みなさんのぽちっと!が私の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
[Ad]
[Ad]
息子(2021.4)のこと潰瘍性大腸炎雑記
[Ad]
色々やってるよ!フォローしてね!
潰瘍性大腸炎かあちゃんの備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました