産後4ヶ月で役に立った育児アイテム&買わなかったアイテムと代用品6選

こんにちは、難病系フリーランスオカンのくわっちです。

息子が生後4ヶ月近くになり、毎日ミルクをグビグビ飲んでずっしりむっちり体重を増やしつつ、オカンの腰をいじめ抜いています。重い。

そんな4ヶ月で役に立った、以前書いたベビー用品の記事以外のアイテムを紹介していきたいと思います。

とその前に、最初に謝っておきます。サムネイルは7ヶ月くらいのときのムスメです!www

スワドルミー(マジックテープ式おくるみ)

スワドルミー。産前にTwitterのフォロワーさんがつぶやいていて、「こんなのあるんだねー!」と知った商品。産後息子がモロー反射で寝なくて買いました。

すごく端的に言うと、おててをぐるっと巻いておくるみと同じ状態にして赤ちゃんに落ち着いてもらおう!というアイテムで、主に腕の位置をふんわり固定する際に使います。

産後の寝不足の時期に寝ないって本当にしんどかったし息子がノロウイルスで入院したときも大活躍だったので、おくるみさまさまです。

スタイ(よだれかけ)

スタイ。よだれかけですね。今トータル8枚あります。
息子のよだれの量がすごくて、3ヶ月の時点ですでにダラダラだったのですが、最近はもう滝のようによだれを垂らしてます。ひどいときは2時間でよだれかけがずっしり重くなるほどなので、洒落抜きで何枚あっても足りません。

ありがとう西松屋、徒歩圏内にあるのマジで最高。

生後0ヶ月から使えるベビージム

ベビージムも西松屋で購入。徒歩で持って帰れるサイズだったし、置いても邪魔にならないし、設置も簡単だったので一目惚れでした。足で蹴ってもらうとものすごい勢いで吹っ飛んでいきます。赤子の脚力、強し。

バウンサーはビーズクッションで代用

バウンサーって正直、赤ちゃんとの相性がすごいので買っても使わない可能性が高かったんですよ。でも上の子がうろちょろして赤子を踏んでも嫌だし、床以外の赤子置き場はほしいし。

で、代用品として使っているのがビーズクッション。

過去のブログでも紹介したことがあるんですけど、離婚したあとに椅子代わりに購入したビーズクッションです。

夏はビーズクッションで頭が蒸れて泣いて…ってこともありましたけど、ちょっと涼しくなってきた今は30分くらいおとなしく座ってくれていることもあります。息子えらい。

ただ4ヶ月でビーズクッションからちょっとはみ出るサイズ感になってきたので、これから冬にかけてどこに置こうか検討中です。

240ml哺乳瓶は母乳実感ニップルと互換性のある西松屋ブランドで!

また西松屋か!って言われそうなんですが、実はこれ…ピジョン「母乳実感」ブランドのニップルが装着できるんです!!!

神か。神だったわ。

詳しくは後日ブログにしようと思うんですが、本体に付属されている SmartAngelのニップルは通気孔がうまくいかずミルクの出がすこぶる悪かったので、SmartAngelの本体+リング+母乳実感ニップルで使っています。もしかしたらコツとかあるかもしれんけど、難しかったんじゃ。

離乳食グッズは手元にあるものでOK

生後5ヶ月ごろから始まる離乳食。

離乳食グッズはいろいろ販売されていますが、正直家にあるものでもどうにかなります

義理の母からベビー用のスプーンと容器類を頂いたので、あと私が用意するものはベビー用のストローコップやマグマグなどの飲み物グッズとシリコンエプロンだけ。

正直離乳食グッズは最初にあれこれ買うよりも、進めていくうちに不便が出てきたら買う、くらいがちょうどいいです。おかゆとか炊いてるうちに慣れてきて道具がいらんかったとかよくあるし、作り置きして冷凍するときは百均の製氷皿とかおかず用のシリコンカップで充分。

あ、インスタ映えを目指したいなら話は別なので色々買えばいいと思います。なんとかってメーカー(忘れた)の陶器皿とか、かわいいクラウド型シリコンマットとか。

と、ここまで色々書いてきましたが、案外ベビー用グッズは家にあるもので代用できます。ベビー用品(とくに生後1年間のみくらいしか使わないもの)は買うと勿体ないこともあるので、自宅にあるものと必要そうなもの、慎重に検討して購入してくださいね!



ここまで読んでいただきありがとうございました!
面白い・参考になると思ったら↓のリンクをぽちっとお願いします(●´ω`●)
みなさんのぽちっと!が私の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました