メニュー 閉じる

ELECOMのキーボードでAndoroidスマホを操作しようとしたら四苦八苦した話

こんにちは、潰瘍性大腸炎かあちゃんです。
最近キーボードを買いました。

Androidスマートフォンに接続がしたかったので、USB-A端子(みんなが普段よく見かけるあのUSBさすやつ)とTypeC端子(最近のスマホ充電器についている裏表がないアレ)を変換できるコネクタも買いました。

で、このブログ、そのキーボードを使って書いているんですが…書けるようになるまでの道のりがちょっと長かったので、まとめておこうと思います。

最初は挿しても使えなかった

そもそもキーボードは基本的にはパソコンでの使用を想定されているので、パソコンとは大きく違う操作方法をするAndroid端末ではかな変換ボタンが聞かなかったり、なんかようわからんところがようわからん挙動をしたりと、一部キーの入力がおかしくなっていました。
マニュアルをよく読んだら「ホームページからドライバー 入りzipファイルをインストールしてね★」みたいなことが書いてあったんですが、スマホじゃ使えんだろうし、そのドライバーはパソコンで使うことを想定されてものだろうし…
と思っていたらありました。

 

解決法:ELECOMのキーボードアプリをインストールする

Googleplayストア(もしくはapp;eストア)にあるキーボードアプリをインストールすれば、ELECOMのキーボードに対応した入力方法が設定できるようです。
対応キーボード一覧にはなかったのですが、インストールして設定したらきちんと動作しました。

でも、物理キーボードを接続しても仮想キーボード(画面に出てくる入力画面)が消えない。「物理がONなら仮想をOFFにする」みたいな設定もしてるのに、なぜだ?

 

解決法2:スマホ側の使用しているキーボードを変更する

私は仮想キーボードではSimejiを使用していたのですが、どうやらSimejiは仮想OFF機能に対応していなかったようでした。
仮想キーボードをGboard(デフォルトで入っていたもの)に変更したらうまくいきました。こういうときに不便だなあ…

しかしまあ終わったら設定を変えればよいだけのことなので、これくらいは我慢しなければ。

ということで、現在快適にスマートフォンからブログ更新作業を行えています。
子供が寝て寝室からちょっと書きたいときに便利!最高!
ガッツリプログラミングするぜ!とかWeb閲覧するぜ!には向かないけれど、文章を打ち込みたい、持ち運びしやすいキーボードがほしいときには便利なんじゃないかと思います。

なおこのキーボード、職場に持っていったら「お、くわっちさんのニューウェポンだね」と早速ツッコミが入りました。休憩時間にいろいろやり散らかしている人として認知され始めたらしい……

 



ここまで読んでいただきありがとうございました!
よかったらぽちっとお願いします(●´ω`●)
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ


よかったらシェアして拡散してくださいな!
[PR]潰瘍性大腸炎とクローン病の情報誌「CCJAPAN」は定期購読がおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA