メニュー 閉じる

潰瘍性大腸炎と関節痛って関係あるの?気になったので調べてみた

こんばんは、潰瘍性大腸炎かあちゃんです。

最近、じんわりひざが痛い。

潰瘍性大腸炎になってからは時々あったけれど、バイトのしすぎなのかなーとか、子供抱っこしてるからなのかなーとか思ってたんです。

最近かあちゃんは2chの難病板にある潰瘍性大腸炎スレッドをちょくちょく覗いているのですが、そこでも何人か「膝が痛い」「関節痛がある」と発言しているのを見て、私だけではないのだなーと思って、ちょっと調べてみました。

慶應義塾大学病院の医療・健康情報サイト【KOMPAS】(http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000734.html)では、このような記述がありました。

炎症性腸疾患とはクローン病と潰瘍性大腸炎のことで、共に下痢や血便を主症状とする疾患です。これらの疾患では5~10%程度(多い報告で20%)の人に腸管以外の症状を伴います。関節炎以外には皮疹(結節性紅斑、壊疽性膿皮症)が有名です。

関節炎は大きく分けると末梢性と体軸性に分けられます。末梢性関節炎は少数関節炎(5関節未満)の場合と多発関節炎の場合とがあります。少数関節炎は膝や足関節に起こりやすく、多発関節炎はそれらに加えて手指関節を含めた上肢の関節に起こりやすいです。関節リウマチと異なり、通常は骨の破壊をきたしません。

体軸性は仙腸関節炎が代表的であり、具体的には慢性(3ヶ月以上)で緩徐に発症し、運動で改善し、安静では改善しない、腰痛や臀部痛を特徴とします。重症では背骨が石灰の沈着した靭帯で固まって曲がらなくなり、腰を曲げたり振り返ったりする動作ができなくなるため、注意が必要です。

海外では炎症性腸疾患で体軸性関節炎を合併するもののうち50-75%程度がHLA-B27陽性であると報告されておりますが、我が国では海外に比べ一般人口のHLA-B27陽性率が低いと考えられており、国内での割合は分かっておりません。

潰瘍性大腸炎で関節炎が出現する際は同時に腸管病変も悪化することが多いですが、クローン病では腸管病変の病勢とは必ずしも一致しないといわれます。

ええと、ざっくり要約してみると…

IBD患者で、腸管以外の症状を訴える人は5~10%ほど存在する。20%という報告もある。

体の動きに付随する「体軸性」と、手足の先などに起こりやすい「末梢性」に分けられる。

末梢性関節炎には、膝や足の関節に起こる「少数関節炎」や、膝足だけでなく手や指の関節も痛む「多発関節炎」がある。リウマチとよく似てるけど、この末梢性関節炎では骨はぼろぼろにはならない。

体軸性関節炎は、仙腸関節が有名
そもそも仙腸関節というのは、骨盤の横(腸骨)と真ん中(仙骨)の間にある関節。まわりには靭帯がたくさんあるようです。出産後とかおしりの骨が痛くなるのは、ここが原因かもしれない。

痛みはぬるっと出てきてぬるっと消える。腰やおしりが痛み、静かに座ってるよりも動いているほうがいい。酷くなると、背骨の周りが固まってしまって、振り返りや腰を曲げることができなくなる。

海外の研究では、IBDで体軸性関節炎の人のHLA-B27(ヒト白血球抗原のひとつ。ヒトの免疫に関わる重要な分子)を調べてみたら、半分以上が陽性反応を検出した。でも、日本人はそもそもHLA-B27陽性の人が少ないから、どうだろうなぁ…

膝が痛くなると、潰瘍性大腸炎は同時に悪化することがある。でも、クローン病は再燃時期と被らないことが多い。

ということらしいです。

かあちゃんは膝や指の関節が痛いので、末梢性多発関節炎に当たりますね。

フルネームで書くと、「炎症性腸疾患に伴う末梢性多発関節炎」。長いわ

IBDと関節痛を抱える患者数にあまり多くないのかもしれないなぁ。

またこんな記述もあります。

腸管病変に対する治療を強化することが関節炎の治療につながると考えられています。これまで関節炎を標的とした薬剤試験は行われていないため、実際にどの薬がよく効くのかはわかっていません。

腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬であるインフリキシマブ(商品名: レミケード®)、アダリムマブ(商品名: ヒュミラ®)は潰瘍性大腸炎、クローン病ともに保険適用があり、さらに関節リウマチにも効果があるため、炎症性腸疾患に伴う関節炎にも効果が期待されています。

非ステロイド性抗炎症薬は腸管病変に対して悪影響も懸念されますが、鎮痛薬としてしばしば使用されます。

IBDの治療薬には、もともとリウマチなどの関節炎治療に使われていたものも多く存在するので、もし膝にも効くならいいですよね。

しかし、あれだなぁ。

私が働いている病院、リウマチ治療のためにレミケードやってるんだけどさ… 

かあちゃんも試しちゃ駄目なのかしらね。(笑) 

せんせー!実験台になるんで、レミケード受けさせてくださーい!!

 

はぁ、なんでUCは取り扱ってないんだろうなぁ…薬が同じだから、整形外科の知識割と活かせたりするのになぁ… 

ちょっとしたぼやきでした。(笑) 

潰瘍性大腸炎と関節痛って関係あるの?気になったので調べてみた ←イマココ

改めて関節炎について考える。

UC腸管外合併症?それとも別の病気?気になるので関節痛&シェーグレン症候群の血液検査をしてきた


ここまで読んでいただきありがとうございました!
よかったらぽちっとお願いします(●´ω`●)

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

よかったらシェアして拡散してくださいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA